恋愛運・ラブ運・金運・運気・パワースポット・チベット仏教・密教・名古屋

釈迦牟尼仏十二歳像

釈迦牟尼仏十二歳像

かつてお釈迦様が生きていらっしゃった頃に信者達は、4体の八歳等身像と
4体の十二歳等身像を作り上げたとされています。その内一体の十二歳等身像は唐の時代の初めの頃に
インドから中国へ贈られ、その後紀元641年ごろ、唐の王様の娘である文成公主がチベット帝国の王である
ソンツェンカンポに嫁ぐ際にその像をチベットに持ち込まれたとされています。
その仏像はチベット仏教ゲルク派の開祖であるツォンカパ師により彩色され、
衣装と冠をつけられた上、銀と金のお厨子を製作されたのが、今のジョカンにある
釈迦牟尼仏十二歳像です。 当寺の十二歳像はそのジョカンにある十二歳像を特別な許可を頂いて
採寸をさせて頂き、複製させて頂いたご本尊です。
遥か悠久の時を越えて信仰されていたこのお釈迦様に皆様も是非おまいり下さい。